顎関節症

顎関節症は20~30代女性に多く、男性のおよそ2倍にもなります。

主な症状

顎を大きく開けずらい

硬いものを食べると顎が痛くなる

口を開けると顎関節がコキンとかカクンと鳴る

その他の関連が疑われる症状

頭痛

首・肩こり

腰痛

めまい・耳鳴り・難聴

眼精疲労

原因

歯の詰め物が合っていなくて噛み合わせが悪い

口を大きく開け過ぎた

姿勢が悪い

顔面打撲などの外傷

精神的ストレス(→顎周辺の筋肉が緊張する)

歯ぎしり

うつ

噛む時に左右一方へ偏っている

頬杖・うつ伏せで寝ている

くいしばり(緊張しやすい方は無意識にくいしばっている方が多いです)

治療法

自身で顎周辺の筋肉をマッサージすると治る場合もあります。湯船に浸かって温まっている時のマッサージが特にオススメです。それでも治らない、病院に行ってもよくならない、肩こり、頭痛などの症状が強い方には鍼灸治療がオススメです。顎関節症だけでなく、歯ぎしり頭痛肩こり・腰痛・めまい・難聴などの関連症状も合わせて治療していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。