足底筋膜炎と鍼灸治療

足底筋膜炎とは、足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている足底筋膜に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みを引き起こす病気です。

ほとんどの場合かかとの骨の前に痛みが生じます。40歳代以上で発症することが多いですが、スポーツをやる若い世代にも発症します。

原因
足の甲の骨はアーチ状になって体重を支えているのですが、このアーチを保っているのが足底筋膜です。

加齢や運動のし過ぎにより、この筋膜が古いゴムのように弾力性が弱くなったり、ヒビが入ったりすることで炎症を起こし、それが痛みの原因になります。

鍼灸治療では、腰やふくらはぎ周辺にあるツボで治療していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。