モートン病 足の指の間の痛み

モートン病の主な症状は、足の3、4指の付け根が痛むというものです。痺れ、疼痛、灼熱痛などの神経症状が出ます。(個人差あり)

歩きすぎた時、キツ目の靴を履いた時、コードを踏んだ時などに症状が出やすくなります。

3、4番目の指の間を通る神経に可動性が無い為、歩きすぎたりした時に骨や人体に圧迫され腫れてしまいそのことでさらに擦れて腫れるという悪循環になってしいます。

他の指の間に生じる場合もあります。

現代医学では、なかなか症状が改善しない場合には靭帯を切ったり、神経腫を切ったり、中足骨を切ったりの手術をすることもあるようです。

手術をする前に鍼灸治療を受ける事をお勧めしています。

鍼灸治療では下肢や腰に針をすることで治癒を目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。