頭痛の原因と鍼灸治療

頭痛には、大きく分けて二通りあります。一次性の頭痛、いわゆる頭痛持ちの頭痛(命に関わらない頭痛)と、脳などの病気によって起こる二次性の頭痛(放っておくと命に関わる頭痛)です。

一次性の頭痛は、特に病気で起こるわけではない「命に関わらない頭痛」です。代表的なものとして、片頭痛(偏頭痛)、緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。一次性頭痛は頭痛全体の80%を占めています。

鍼灸治療に適しているのはこの一次性の頭痛になります。

以下に一次性頭痛の代表的な症状を上げていきます。

ズキンズキンという拍動性の痛みが頭の片側に起こります。(両側の場合もあり。)

吐き気や嘔吐を伴う

頭が重苦しく感じる

頭がぐーっと締め付けられる感じがする

片目の奥に起こるもので、えぐるような激痛

頭痛全体の80%を占める一次性の頭痛の大きな原因として、肩こりが潜んでいる事が臨床経験上分かってきました。

肩のコリを緩めていく事で一次性頭痛である片頭痛(偏頭痛)、緊張型頭痛、群発頭痛が改善されていきます。頭痛の種類によって肩周辺の凝っているポイントも違うので、それをしっかり見極めて治療していきます。頭や肩の凝っている所に針をするのではなく、そこから離れたところにあるツボでコリを緩めていきますので、悪化したり副作用が出るような事は極めて低い治療法になります。痛みのない優しいハリ治療でお薬不要の状態を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。